風俗で俺のテクをみせてやる

配分の問題はありますよね

自分自身、風俗は体力配分の問題もあるかなって思っています。もう若くはない自分なので、ポータルサイトやホームページを見て「おっ」と思ったからと言ってすぐに遊べるわけじゃないんですよ(笑)本来であれば休前日が風俗で遊ぶ理想のタイミングだとは思うんです。ただ、その一方で休前日ともなればその週の疲れが溜まっているのも事実なんですよね。軽く疲れている程度あれば風俗も良いリフレッシュになると思うんですけど、あまりにも疲れすぎていると、風俗に言っても自分の実力を発揮出来ないじゃないですか。それはそれで勿体ないなって思ってしまうんですよね。だから体力が万全な時にこそ遊びたいって気持ちもあるので、風俗を楽しむのであればやっぱりそれなりに自分の体力配分も考慮しなければならないですね(笑)休前日で、間に祝日があって体力があまり消費されていないような時こそ、自分にとって何よりの「ベストタイミング」なのかなって思っていますが。

気持ちのメリットもあるのが風俗

風俗は肉体的な快感があるのは言うまでもありませんけど、それだけじゃないのもまた、事実ですよね。むしろ精神的なものの方が大きなメリットなんじゃないかなって思うんですよね。快感も魅力的です。でも、快感以上に女の子との時間とか、本来であれば自分にとっては高嶺の花であろう存在の女の子が自分にまるで屈服してくれているかのように尽くしてくれるのが堪らないよなとか、いろんな気持ちになれるのも風俗の魅力なんじゃないかなと(笑)それに、性的な快感だけであればオナニーでも良いじゃないですか(笑)男のオナニーなんてそこまで難しいものではないんです。でも精神的な充足感はさすがにどれだけオナニーを繰り返したところで得られるものではないんじゃないかなと思いますので、風俗のメリットは快感よりもむしろ女の子が抜いてくれるということで得られる精神的なものなんじゃないのかなって思いますけどね。それが何よりも大きいものなんじゃないのかなって。